羽生大好き!


ちょいなかのまち“羽生”へようこそ

関東のほぼど真ん中に位置する、チョイ中のまち。

チョー田舎ではない、かと言って都会でもない、チョイ田舎のまち。

そして、何よりも人情が通い合う、チョット仲の良いご近所どうしが暮らすまち。

 

それが、ちょいなかのまち“羽生”です。

 

羽生暮らしでの様々な出会いや出来事を紹介することで、一人でも多くの人に羽生市を大好きになってもらえたら、とても嬉しいです。


ブログ:ちょいなか暮らし

当面、国難新型コロナウイルス関連情報を記して参ります。

新型コロナウイルス、症状は? 防ぐには?

画像クリックで BBC NEWS JAPAN へジャンプ
画像クリックで BBC NEWS JAPAN へジャンプ

新型コロナウイルス感染症に罹ったかな?と思ったら…

画像クリックで 埼玉県ホームページ(県民サポートセンター) へジャンプ
画像クリックで 埼玉県ホームページ(県民サポートセンター) へジャンプ

連絡先や情報収集先をご紹介します。

都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ
新型コロナウイルス感染症対策プロジェクト

どう◯る東京❗

サンフランシスコとニューヨーク アメリカ東西海岸の運命を決めたのは何か?|山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

2020年3月23日 夕刊
2020年3月23日 夕刊

 山中教授が開設されたサイト『山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信』は、東京新聞によると、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発でノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥・京都大教授が、新型コロナウイルスについて最新の研究成果をまとめ、ホームページで紹介している。「自分にできることは、医学研究者として情報をできるだけ正確に発信すること」。多忙の合間を縫ってほぼ毎日更新している。東京新聞|TOKYO Web)とある。

 そのサイトの中で、本日付けで掲載されたレポートを紹介したい。それは、サンフランシスコとニューヨークにおける今の違いは、歴然とした初動の違いであることがわかるもので、カリフォルニア大学サンフランシスコ校で小児心臓胸部外科医として活躍しておられる佐野俊二教授からの情報だ。

 

 東京がどうなるか?どうするか?どうやるか?羽生市に住む私としては固唾を呑んで見守り、イタリヤやニューヨークの様に医療崩壊を起こすことなく、サンフランシスコの様に医療崩壊を抑え、感染爆発を抑えて欲しいと天に祈るしかありません。

 

 佐野俊二教授からの情報はコチラ

http://www.covid19-yamanaka.com/cont10/27.html

サンフランシスコとニューヨーク アメリカ東西海岸の運命を決めたのは何か?|山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信
画像クリックで「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信(画像ページ)」へジャンプ

ウイルスを寄せつけないように免疫力を高めましょう

全世界での新型コロナウイルス感染者数が100万を超えた。(これを書いているうちに、110万を超えてしまいました❗) 日本国内では3,000を超え、特に東京都内での感染者数の増加、しかも感染経路不明のケースが著しくなってきている。

 

大都市における感染経路不明ケースの著しい増加は、即ち、その背景に未知のクラスターが多数存在することが疑われる。これにより、非常事態宣言発令を望む声が高まり、安倍首相も4月2日の衆院本会議での答弁では、「国民の命と健康を守るため、必要であれば躊躇ちゅうちょなく決断し、実行していく」と明言された。

 

日々刻々と深刻さを増す毎日ではあるが、果たして自らの身を守る方法は無いのだろうか???と模索してみた。

 

まず、感染し易い要素として挙げられているのが、人に関しては2つ。環境に関しては3つだ。

 

人に関する2つとは、1)高齢であること。2)基礎疾患があること。

環境に関する3つとは、1)密閉空間、2)密集場所、3)密接場面。いわゆる3つの密だが、この3つの密が揃う環境はよほどのことが無い限り避けるべきであろう。

 

ここで、一つ注目すべき記事がある。

AFPによれば、3月17日、イランにおいて、新型コロナウイルスに感染していた103歳の女性が回復したと、国営メディアが報じたというのだ。

103歳のイラン人女性、新型ウイルス感染から回復 報道|AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3274123

 

つまり、高齢というだけの理由ではリスクにはならないのではないか???ということだ。リスクになるのは、高齢そのものというよりも、高齢に伴う何かが原因なのではないだろうか???

 

そこで、考えられる点として挙げられるのが、免疫力であろう。100歳を超えてもまだまだお元気な方というのは、相当、免疫力が高いのではないだろうか???

 

ここで、注目すべき発言を紹介したい。

 

山中所長と尾身副座長との対談の中で、尾身氏は、クラスターで5人が感染したとしても、その内の4人は他者に感染させることはなく、1人の感染者は他者へ感染させてしまうと言われた。そして、感染させない4人と感染させてしまう1人の違いは、ウイルス側の要素ではなくホスト側(人間側)の要素であると言われた。では、人間側の要素とは何かと言う点で、仮説と断りながらも、ウイルスの曝露量の違いと免疫のことも関係すると言われたのだ❗ ぜひ、次に紹介する動画の6:47〜の約90秒間にご注目をいただきたい❗❗

【新型コロナ対策 緊急対談】日本は「新型コロナ」にどう対応すべきか?~尾身茂氏(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 副座長)×山中伸弥氏(京都大学iPS細胞研究所所長)

 

ワクチンが望まれるのも、ウイルスに対する抗体を作るためであり、それはそもそも人間の持つ免疫力頼みであるわけだ。

 

もし、どんなウイルスにも打ち勝つオールマイティーの如く強力な免疫力を持っている人間がいるとするならば、たとえ新型コロナウイルスと言えども負けないのではないだろうか???

 

ずぶの素人が何言うか❗とお叱りをいただきそうではあるが、当たらず遠からずなのではないだろうか???

 

とにかく、溺れるものはナントやらで、免疫力を高める努力をし、一縷の望みをかけることにしよう❗

 

では、免疫力を高めるにはどうしたら良いのか???

 

大変回りくどくなってしまって恐縮だが、これに対する答えを筑波大学久野研究室がリーフレットに『ウイルスを寄せつけないように免疫力を高めましょう』としてまとめられたので紹介したい。

 

リーフレットによると、『免疫力は、食事(腸内環境を整えること)、十分な睡眠、体温を上げる運動(ウォーキングと筋トレ)で維持・向上が可能です。』とあり、更に、笑顔でNK食事、運動、そして笑顔とのこと。更に、免疫力を高める要素として笑顔を挙げ、『笑いでNK細胞が増え、免疫力が向上します』とした。

 

この後、リーフレットをアップするので、ぜひ、ご参照願いたい。

筑波大学久野研究室リーフレット
画像クリックで拡大表示
筑波大学久野研究室リーフレット
画像クリックで拡大表示

ダウンロード
筑波大学久野研究室の企画によるリーフレット
new_coronavirus.pdf
PDFファイル 909.8 KB

❌密閉 ❌密集 ❌密接

出典:厚生労働省
出典:厚生労働省
ダウンロード
新型コロナウイルスへの対策として、クラスター(集団)の発生を防止することが重要です。イベントや集会で3つの「密」が重ならないよう工夫しましょう。
000610429_002.pdf
PDFファイル 1.1 MB
ダウンロード
「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」
新型コロナウイルス感染症対策本部決定(令和2年 3 月 28 日)
000614803.pdf
PDFファイル 578.3 KB
ダウンロード
「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」
新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(令和2 年 3 月 19 日)
000610566.pdf
PDFファイル 916.4 KB
厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について
画像クリックで「厚生労働省ホームページ(新型コロナウイルス感染症について)」へジャンプ

2020.03.28 SAT 12:30
2020.03.28 SAT 12:30

新型コロナウイルスは、あなたが何歳であろうと感染する。そして「大切な人を死なせる」危険性がある

感染源にならない❗

東京都と大阪府では現在患者数が感染症病床を上回り、神奈川県、埼玉県、京都府、新潟県では50%を超えている。一方、鳥取県や島根県などの10県では患者数0とあり、全国の平均は約30%となっている。

 

今後、クラスターの増殖と高齢者や基礎疾患のある方の重篤化を防げなければ、たちまち病床が不足する事態になることが予想される。

 

感染源が特定できない症例が続出している現状において、これらを防ぐ為に必要なことは、症状がなくても誰もが感染源となりうる自覚だ。

COVID 19 Japan 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
画像をクリックで「COVID 19 Japan」へジャンプ

新型コロナウイルスとの闘いを長期戦にしてはいけない締め括った小池都知事の生出演。3月25日の会見に続き、このときも大曲医師を伴い、まだまだ声が届かず自分たちが感染源であるという認識さえもないと言われる若い人に呼びかけた。

 

以下は、小池知事が大曲医師と『NEWS23』に生出演 "反転姿勢”で小川彩佳に語ったこと(中編)から引用

 

(小池知事)

「大曲先生もそのメンバーでご指導いただいているんですが、都の有識者会議でもこれらのことを分析する中で若い人が感染源となっているケースは多いのではないかということで今回の『感染爆発重大局面』という中に若い人に夜の外出を控えてほしいということを初めて加えた。まさしく封じ込めで感染を拡大させないという、そもそも若い人に自分たちが感染源であるという認識さえもないということで、ある意味、大きな警告を発したわけです」(引用終わり)

全編に目を通し、改めて、今、自覚するべきポイントを確認したい。

3/27(金) 9:14
3/27(金) 9:14

小池知事が大曲医師と『NEWS23』に生出演 "反転姿勢”で小川彩佳に語ったこと(全編・中編・後編)

水島宏明  | 上智大学教授・元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクター

新型コロナウイルスの恐さを知る❗

今度の土日、即ち、明日・明後日の行動が、後の国内感染爆発を決定付け、事によっては、再び休校措置が執られたり、外出禁止となったりする可能性が出てくる❗

新型コロナウイルスの恐さを知り、しっかりと受け止め、一人ひとりがよく考えて自分自身の行動するようにしなければならない、今の時だ❗❗


新型コロナウィルス感染症の怖さとは? 大曲貴夫国立医療研究センター国際感染症センター長 志村けんさん「大丈夫」か??小池百合子東京都知事の緊急記者会見から抜粋[1:47]


感染した女性が動画公開 コロナ意識の低い若者に対する警鐘[4:49]


妊婦の重症者も懸命呼びかけ 「外出しないで!」[1:16]

後手後手と思われた日本に対する海外の反応

【海外反応】マジそうかも!「日本の新◇◇◇◇対策が一番正しかった説」に海外が興味津々!【日本-その小さき巨人】[5:51]


日本の対策はやっぱり正しかった/全員検査は無意味どころか被害拡大/スウェーデン政府も方針転換/パンデミック対策は成功!重症化対策が成功し低い死亡率【ゾクゾク】【ぞくぞく】【海外の反応】[15:19]※1:23〜PCR検査というのは… 2:39〜■全員検査はどうなの? 〜5:38


フランス絶賛!!日本人の子供の頃からの国民性に学ぶ価値あり!!現地で称賛の声が!!【海外の反応】[6:17]


アメリカ大反響!!日本人の日常的習慣と技術の凄さに外国人から絶賛の声が!!【海外の反応】[6:11]

インフル薬「アビガン」有効性確認=新型コロナ治療、後発薬量産へ―中国|時事メディカル

2020/03/18 07:59
2020/03/18 07:59

 【北京時事】中国科学技術省は17日の記者会見で、新型コロナウイルス感染患者の治療薬として、富士フイルムのグループ会社が開発した新型インフルエンザ薬「アビガン」の有効性を臨床試験で確認したことを明らかにした。

 アビガンの有効成分「ファビピラビル」に関するライセンス契約を富士フイルムと2016年に結んだ中国の製薬大手・浙江海正薬業が、後発医薬品を量産する方針だ。同社は先月、中国国家薬品監督管理局から認可を取得している。

 臨床試験は、湖北省武漢市と広東省深セン市の病院で計200人の患者を対象に行われ、投与した患者の方が短期間に陽性から陰性になり、肺炎症状なども改善したという。アビガンは日本でも先月から患者への投与が始まっている。 (C)時事通信社

(2020/03/18 07:59)


16日夜行われたG7首脳による緊急のテレビ会議の報告の中で、安倍総理大臣は、治療薬の開発加速に向けた英知の結集についても述べた。

 

米で開発中のワクチン 臨床試験開始 実用化までには1年以上か|NHK NEWS WEB(2020年3月17日 12時29分)との報道や、ワクチン流通「今秋までに」 欧州委員長、独企業に期待―新型コロナ|時事ドットコムニュース(2020年03月18日09時09分)』もある。

 

しかし、ワクチンの開発には時間がかかるため、まずは、抗新型インフルエンザウイルス薬である「ファビピラビル(アビガン)」に期待したい。


関連情報

新型インフルエンザ対策におけるファビピラビルのあり方について

平成29年3月27日

厚生科学審議会感染症部会決定

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000157878.pdf

医療用薬品:アビガン
画像クリックで「KEGG MEDICUSホームページ(画像ページ)」へジャンプ
アビガン錠に関する情報
画像クリックで「FUJIFILMホームページ(画像ページ)」へジャンプ

医療機関のベッド調整つかず 感染の4人が自宅療養に 名古屋|NHK NEWS WEB

2020年3月17日 21時17分
2020年3月17日 21時17分

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、名古屋市では、患者に対応できる医療機関のベッドの調整がつかず、感染が確認されたものの自宅療養を余儀なくされている人が4人いることが関係者への取材で分かりました。

 

愛知県内では、新型コロナウイルスに感染した人が16日までに北海道に次いで2番目に多い123人にのぼり、このうち名古屋市では99人が感染し、14人が死亡しています。

 

こうした中、関係者によりますと、患者に対応する県内の医療機関のうち名古屋市の患者が入院するベッドの調整がつかず、17日朝の段階で感染が確認された人のうち、4人が自宅療養を余儀なくされていることが分かりました。

 

4人はいずれも症状は安定しているということです。

 

愛知県内には、新型コロナウイルスの患者に対応できるベッドが200床近くありますが、関係者によりますと、医療機関の中には、地域で感染がさらに拡大した場合に備えて、ベッドを一定数空けているところもあるということです。

 

このため名古屋市では、今月に入ってから感染者数が提供可能なベット数を超える状態が続いているということで、今後、症状が重い患者が多く出た場合などにどう備えるか、検討が必要になると見られます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200317/k10012336511000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004


重症の方は一日でも早く快復され、軽症の方も重症化することなく一日でも早く快復されること、そして、新型コロナウイルスの感染拡大が一日でも早く収束することを祈ります。

危機管理の専門家が再び主張。安倍首相の休校要請が正しい理由|MAG2NEWS

危機管理の専門家が再び主張。安倍首相の休校要請が正しい理由|MAG2NEWS
画像クリックで「MAG2NEWS(画像ページ)」へジャンプ

2020年3月11日
2020年3月11日

フリーの国際情勢解説者、田中 宇(たなか・さかい)氏は、「田中 宇の国際ニュース解説:人類の7割が感染し2年以上続くウイルス危機(2020年3月11日)」の中で、米英独での予測を総合しての見方として、『ワクチンなど予防策が出てこない限り、人類の40-80%が新型ウイルスに感染する。』『致死率は人類の0.3%、感染者全体の0.5%ほどになる。』『人類の60%以上が感染するまでウイルス危機が続き、ワクチンなどの予防策が出てこない限り、ウイルス危機はこれから2年続くことになる。』と記している。

https://tanakanews.com/200311virus.htm


新型コロナウイルスの脅威が如何に大きいかは、日を追う毎に深刻さを増している世界の動きを見れば誰の目にも明らかだ。トリアージに基づいてPCR検査を深闇に行わず医療資源を有効に使いながら死者の増加を抑えたり、クラスターの増殖を回避するべく「休校要請」等を打ち出す等、日本の危機管理のあり方に世界が注目している。

今、わたしたちはどうすべきか?

みんなのクリニック大井町さんが、「新型コロナウイルス感染症:みなさんがどうすべきか?」と題して、わかりやすくまとめてくださっているので、みなさんに紹介させていただきます。ぜひ、次の画像、もしくはURLをクリックして、ご覧ください。

https://minnano.clinic/oimachi/news/detail.html?id=44

みんなのクリニック大井町 新型コロナウイルス感染症:みなさんがどうすべきか?
画像クリックで「みんなのクリニック大井町(画像表示のページ)」へジャンプ